金買取りと宝石のカット:エメラルドカット


“金買取を行う際、その金のジュエリーにどういった宝石が使われているかもとても重要なところです。 その場合、宝石の種類だけではなく、宝石の大きさやカラット数(重さ)、質やカットの方法も重視されています。 エメラルドカットとは、その名の通りエメラルドに多く使われているカットです。 エメラルドカットとは、上から見ると八角形に見えるカットです。八角形と言っても正八角形ではなく、四角にカットされ、そこからさらに角を切り落とされたようなカットになっています。エメラルドが最も美しく輝き、エメラルドの輝きをより引き出せるようにしたカット方法でもあります。 ダイヤモンドにもこのカット方法を適用するものがありますが、やはりエメラルドに使われることが多いようです。また、ルビーにエメラルドカットが使われていることも多くあります。比較的柔らかいエメラルドの特徴を活かしたカットと言えるでしょう。 ちなみに、上から見たら正四角形の角を切り落とした形もあります。これはスクエアエメラルドカットといわれています。 エメラルドの場合は、それが付いているから金買取に一層の価値が出る、ということはあまり多くありません。 その一方で、金買取の際に宝石も鑑定することがあります。エメラルドカットの場合は、やはりエメラルドが高く買い取られる傾向があります。金買取の場合はそういった宝石に詳しい金買取店にお願いすると、もしかしたら金買取としては高い価格がつくかもしれません。”